top of page

​メインステージB

2024プログラムは4月下旬頃に公開!
※下記は2023プログラム内容です。

sem1193修正1.jpg

6日 /11:00~12:00   メインステージB【コラボセッション】

セミナーB6月15日
保坂さほ.jpg

​保坂 さほ

H.office

​フォトグラファー

引田早香.jpg

​引田 早香

​小舟

​フォトグラファー

さほと小舟が集客にこだわる
着物アレンジ大公開!

独特の着物スタイルとスタジオの世界観を作り上げてきた保坂氏と引田氏。ステージにはモデルが登場。それぞれのスタイルによる撮影シューティングも必見。お見逃しなく!

6日 /12:30~13:30   メインステージB

林真梨.jpg

林 真梨

ライフスタジオ豊川/浜松 オーナー

コーディネーター

ラヴレターズ

代表取締役

「スタッフ力」を引き上げて創る
スタジオ空間と商品・サービス

3階建ての一軒家をスタッフの手でフルリノベーションしたライフスタジオ浜松店。従来のキッズスタジオにはない洗練された空間となった。スタッフとともに歩み、そこで生まれたもの、得られたこととは。

6日 /14:00~15:00   メインステージB

武井るみの.jpg

​武井 るみの

フォトアトリエ

RU-UM

全国からお客様が来店する大人気スタジオ
​「フォトアトリエRU-UM」の魅力

​子どもを可愛く撮るカメラ講座やフォトグラファー養成講座を開講。フリーランスを経て「フォトアトリエRU-UM」をオープン。スタジオ作りをはじめ、多くのお客様に支持されるようになった秘訣など必聴の60分。

6日 /15:30~16:30   メインステージB

小林鉄斎.jpg

奇跡を起こす写真術
​写真家から現代アートへの挑戦

​小林 鉄斎

​小林写真事務所

​スポーツカメラマンを目指して養成塾に入るも挫折。その後、人物写真と湘南の風景をメインに活動。今回のPHOTONEXTでは、公式アンバサダーの撮影企画を担当。セミナーでは、固定観念にとらわれず独自の視点で写真の面白さを探求し、写真家とともに現代アート作家として「和」を基調とした創作活動を、ギャラリー展示と連動して披露。

6日 /17:00~18:00   メインステージB

君野倫央.jpg

​君野 倫央

ケーアールケープロデュース

​フォトグラファー

ウェディングフォトを
​もっと価値あるものにする活動へ

​プロメディア主催の「NAPAプリントコンペ」で、最も応募数の多かったウェディング部門で最優秀賞を獲得。フォトグラファーとしてさらに邁進していくための取り組みを、数々の撮影例を上映しながら語る。

セミナーB6月16日

7日 /11:00~12:00   メインステージB

島瀬航.jpg

​島瀬 航

​シマセ写真館

人生の豊かさをテーマに
​『声、温もり、心』を写す写真表現

​全国の写真館を対象にした日本最高峰のフォトコンテスト「富士フイルム営業写真コンテスト」にて三度も銀賞(全国2位)を獲得。実力ある四代目が、地域に密着したスタジオを経営するなかで、大切にしてきた写真表現とは何か。

7日 /12:30~13:30   メインステージB

草場由希子.jpg

​草場 由希子

Luce+

Key Style

撮影のその先の収益を生むために
​自社のデジタル化・EC化を考える

今の集客方法で大丈夫? 写真とECを組み合わせることで、自身のサイトで写真のデータを販売・決済、収益還元システムの構築でさらなる収益が見込める? フォトグラファーの傍ら、ECコンサルタントとしても活躍する草場氏から、その仕組み・ノウハウなどを吸収しよう。

7日 /14:00~15:00   メインステージB

篠田理恵.jpg

​篠田 理恵

フォトグラファー

bitte

「肉眼で見るよりも美しい世界」をテーマに
​したアート作品を生み出す秘話公開

​フォトグラファーとして活動する一方、ヘアメイクやスタイリングのプロとともに結成したクリエイティブチーム「bitte」では、一般人を対象に七五三や成人式のほかアート撮影サービスを展開。ステージではメンバー4名が、これまでに生み出してきたアート作品について語る。

7日 /15:30~16:30   メインステージB

藤田温.jpg

​藤田 温

KATACHI PHOTO

PROJECT 代表

家に刻まれた家族の「暮らし」の視点で
​プリントに残す活動

​「家じまい」する家庭と向き合い、フォトグラファーとしてできることは何かを考えてきた藤田氏。その答えは「カタチにして残す」ことにあった。デジタル社会で見失われがちな「写真プリントの意義」を、さまざまな取り組みを通じて得られた感触とともに具現化。

bottom of page